スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型!ビタミンC誘導体

美白になり隊っ!
今日検証するのは「脂溶性ビタミンC誘導体」よりも美白に効くすごいヤツ!
そう!
「新型ビタミンC誘導体」です。
新型!何が新型(・_・?
[新型ビタミンC誘導体]は別名、進化型ビタミンC誘導体、またはアプレシエ、略してAPPSとも呼ばれているモノです。
これは「リン酸型ビタミンC誘導体」に「パルミチン酸」を付加し親油性を獲得した一番新しいビタミンC誘導体です。
またまた難しいこと言ってやんの┐( ̄ヘ ̄)┌
…ちょっと待ってください!
新型はホントにすごいヤツなんです。
まず「パルチミン酸」は飽和脂肪酸の一種です。
ヤシ油や牛脂、ラードなどに多く含まれています。
これを先回ご紹介した、「リン酸型ビタミンC誘導体」にプラスして、より油となじむようにしたものが新型の特徴です。
少しはお分かりいただけたでしょうか(・_・?
「水溶性ビタミンC誘導体」の最大の特徴だった「即効性」、「脂溶性ビタミンC誘導体」の最大の特徴だった「真皮への浸透力」をあわせ持つ強モノ。
しかも、肌への刺激や乾燥の心配もなく、美白効果はもちろん、長期間使用することによって、シワやハリの改善などの「アンチエイジング効果」も期待できるいいトコだらけのヤツなんです。
脂質にも水分にもよくなじみ、角質層への浸透力にも優れ、浸透力は「水溶性ビタミンC誘導体」のなんと!100倍!とも言われているほどなのです。
保湿力を高めて皮脂分泌を抑制し、細胞の奥まで浸透して活性酸素を取り除いてくれます。
また、皮膚を活性化してコラーゲンの合成を促進し、肌本来の働きを取り戻すなどの効果が期待できます。
超スゴイ!
さらにさらに、乾燥からくるニキビ肌の改善効果があると言われています。
いかがですか?
新型のスゴさガッテンしていただけたでしょうか?

脂溶性ビタミンC誘導体!!

美白になり隊っ!
今日検証するのは「水溶性ビタミンC誘導体」よりも美白に効くすごいヤツ!
そう!
「脂溶性ビタミンC誘導体」です。
また難しいのを出してきてって(^ω^;??
しょうがないんです!
いいものなんですからっ!
本来、水溶性であるビタミンCに油分を結合させて脂溶性にすることで、エマルション状態においても配合可能としたビタミンC誘導体が「脂溶性ビタミンC誘導体」です。
エマ…なんだって??
はいっ。
「エマルション状態」とは混ざり合わない液体の一方がもう片方の液体へと分散した状態のことをいいます。
いやいや「ハッ?」って(^ω^;)
手厳しいなぁ…
身近な例で言えば、オイルドレッシングが挙げられます。
使用前のドレッシングはきれいな2相に分離していますよね。
よくドレッシングの瓶に書いているように、使用時に激しく振って両者を混合すると、きらきらと輝く液滴を確認することができます。
この混ぜる前の状態を「エマルション状態」と言います。
「脂溶性ビタミンC誘導体」は、肌への刺激が少なく真皮まで浸透するために、メラニンの生成を抑制し排出を助け、細胞を活性化させて新陳代謝を促進する効果が期待されます。
特に敏感肌・乾燥肌の方や、大人のトラブル肌の改善に有効な「ビタミンC誘導体」です。
即効性はありませんが、水溶性ビタミンC誘導体よりも皮脂膜や角質層への吸収率が高いという性質もあります。
脂溶性ビタミンCはオイルに馴染みやすい性質からクリームやジェルタイプの化粧品に使用されています。
美白に効果がありそうでしょ?
進化版の「脂溶性ビタミンC誘導体」についてガッテンしていただけましたか(・_・?

水溶性ビタミンC誘導体とは??

美白になり隊っ!
今日は「ビタミンC誘導体」の中でも特に…
「水溶性ビタミンC誘導体」について検証します。
水溶性??どうゆうこと??
…いい姿勢ですねwww
ちゃ~んと説明して差し上げます。
簡単に言えば、元々壊れやすく吸収率も低いビタミンCを、「リン酸」と結合させることにより皮膚への吸収率を高めて効果を持続させ、ビタミンC本来の特性を生かせる状態に改良したものです。
難しいって(^ω^;?
はいっ。
リン酸型の「水溶性ビタミンC誘導体」は、ビタミンCにリン酸基を結合させ、通常のビタミンCよりもお肌への浸透力を8~10倍もアップさせたパワーアップ版のビタミンCのことです。
そう!普通のビタミンCよりも肌への浸透力が強く、より肌に馴染んで、美白効果があるモノなのです。
今では、トラブル肌ケアを目的として医療機関でも処方されるほどで、安全で安心、そして効果を兼ね備えた有効成分です。
メラニンの生成をおさえながら新陳代謝をアップしてメラニンの排出を助け、色素沈着の改善を促します。
また、皮脂分泌のコントロールや肌をなめらかにする作用など、ざらざら肌・オイリー肌・にきび肌から大人の肌ケアにも効果が期待されています。
美白分野で期待の星\(^o^)/
しかぁ~し、皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しやすい肌になったり、敏感肌の人には逆に乾燥しやすくなったり、また、刺激を与えてしまうこともあるようです。
特に乾燥肌、敏感肌、炎症のある肌の方は使用に際して注意が必要なようです。
完全体になれなかった…残念です…
次回別のすごいヤツが飛び出します!
乞うご期待!

ビタミンC誘導体とは何ぞや??

美白になり隊っ!
今日はビタミンCの誘導体とは何ぞや??
…という方必見!
美白に効くと言われている「ビタミンC誘導体」について検証していきます。
ビタミンC(詳しく言えば、L-アスコルビン酸)は、活性酸素の除去、ニキビの色素沈着の防止、メラニン色素抑制など様々な効果が期待され、美肌・美白のためには欠かせない成分です。
しかし、ビタミンCは安定性が低くて空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと活性を失いやすいという性質があります。
またビタミンC自体が肌への吸収がされにくいという性質も持っています。
さらに、ビタミンCは濃度が高いほど効果を発揮するようですが、そのために肌がヒリヒリしたり皮膚トラブルを引き起こす原因となる場合もあると言われています。
じゃあどうすればビタミンCを含んだ「美白化粧品」 を作れるの~?
…という疑問に答えたのが「ビタミンC誘導体」です。
「ビタミンC誘導体」は、角質層への透過を良くします。
また、肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化し、しかも長時間活性を持続する性質があります。
このようにすることで、吸収されにくいビタミンCを肌へ浸み込ませることができるようになってきたのです。
「ビタミンC誘導体」はさらに進化を遂げていますが…
それについてはまた次回!
お楽しみにぃ~\(^o^)/

美白効果のある成分

美白になり隊っ!
先回も検証したように「美白化粧品」とは、紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐ化粧品のことでした。
現在、美白化粧品への関心はとても高く、美白化粧品の口コミ情報が毎日のように出回っています。
また、美白関連のチラシなども新聞に折り込まれてくることがとても多くなっています。
「美白化粧品」は、多くの化粧品メーカーが競い合っていて、新しい美白コスメを次々と開発し、その種類も実に様々です。
どれを選べばいいの~/^o^\?
…という方も多いことでしょう。
一番大事なことは、当たり前ですが美白成分が入っていることです。
当たり前っ(^ω^;)
多くの美白化粧品には「ホワイト」という商品名がついています。
しかぁ~し、名前ホワイトなだけで美白成分が入っていない化粧品もあります。
購入の際にはしっかりチェックしましょう。
それで…今回は美白効果のある成分に注目しましょう!
まずは「シミ対策のある成分」
つまり、抗酸化作用で紫外線によるダメージを抑制する「美白化粧品」についてです。
そういった化粧品には…
① ビタミンCとその誘導体
② ビタミンE
③ コエンザイムQ10
④ ポリフェノール(緑茶・イチョウ・オウゴン・オリーブ葉・グレープシードなどのエキス)
…が含まれています。
これらを選択するようにしましょう
1つずつの効果については次回以降ご紹介します。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。