スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UVBの特性

美白になり隊っ!
敵の腹を探ろう!
…ということで見てきている紫外線についてのレクチャー。
今日はUVBの特性についてです。
UVBは美白にどう影響するでしょうか。
UVBの波長は280~320nmです。
この波長だと皮膚の奥にある表皮層まで到達します。
そうすると、表皮層でUVB波は散乱し、吸収されて特有の作用をします。
このUVB波長はエネルギーが強く、急激な作用を起こして、皮膚に炎症や紅班を起こすこともあります。
UVBも美白を目指す方にとっては怖いものですね/^o^\アチャ
UVBは「レジャー紫外線」ともいわれ、スポーツやレジャーでの日焼けの原因となる光線です。
このようなときの日焼け止めはSPFの高いものを利用しましょう。
SPFが高いとは、サンバーン(主にUVBによる日焼けで皮膚が赤くなること)の防止効果が高いものということですよ(^o^)
先回も出てきた美白キーワードでしたね。
UVBの具体的な影響としては…
表皮のDNAや細胞膜を破壊し、皮膚のトラブル(炎症・やけどなど)を引き起こすなどがあります。
傷ついた細胞が皮膚がんになる場合もある怖い有害光線です。
もっと細かくご説明すると…
表皮は赤みや水ぶくれができてしまうこと。
さらに「2次黒化」が起き、2~3日後の赤みが引いた後でも、メラニン色素が生成されて色素沈着が起こること。
皮がむけ、破壊された表皮細胞の修復過程で、肌荒れが起こること。
…などが挙げられます。
みなさんもUVBには注意しましょう!

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。