スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美白キーワード「メラニン」

美白になり隊!
軽やかに出動ですっ(^o^)
肌の役割ついては、以前にも少し…というかだいぶ←本人的にはwww
取り上げました。
要するに、いろんな刺激を体内に入れないように保護することが肌の目的です。
したがって、刺激物である紫外線を浴びてしまうと、体内への侵入を防ごうとして「メラニン」が大量につくられてしまいます。
「メラニン」…これも美白キーワードの一つですね(^-^)
「メラニン」とは一体なんでしょうか(・_・?
「メラニン」とは、皮膚にあるメラノサイト(色素細胞)が生成する色素です。
メラニンそのものの色は褐色で、メラニンの量で肌の色も決まります。
人間の体が防衛反応から作り出す色素が「メラニン」と言えます。
酵素である「チロシナーゼ」が紫外線に当たると活発化し、アミノ酸の「チロシン」からメラニンを作り出すのです。
えっ「何言ってのか、チンプンカンプンだ」って?
DAYONE~DAYONE~←死語
「チロシナーゼ」とは簡単に言えば、メラニン色素を作る働きを持つ酵素のひとつです。
「チロシン」はアミノ酸の一種で、よく聞く必須アミノ酸ではありませんが、神経細胞や、神経細胞間の情報伝達物質の材料となる重要な物質です。
簡単な構図は…
紫外線→チロシナーゼが活発に→チロシンがメラニンを作る→メラニンにより日焼け状態になる…
こういうわけです。
美白キーワード「メラニン」について少しガッテンしていただけたでしょうか??

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。