スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「活性酸素」の基礎知識その1

美白になり隊っ!
今日も「活性酸素」についてのレクチャーのつづきです。
「活性酸素」は多すぎると体内で自分の細胞を攻撃してしまい、DNAを傷つけてガンを誘発したり、脂質を酸化させて「サビ」のような状態を体内に作ることになります。
先回も少しご説明しました。
血管の内側にサビがたまってしまうと、血管が固くなる「動脈硬化」になります。
また、血管が詰まりやすくなると「脳梗塞」や「心筋梗塞」になります。
さらには、血液の流れが悪くなる、つまり高血圧の原因ともなってしまいます。
みなさんもこれらの病名はお聴きになったことがおありでしょう。
まさに、百害あって一利なしです。
そして、何よりも美白への影響!
紫外線によるお肌のシミなども、実は、この「活性酸素」のしわざです。
どうゆうことかと言いますと…
紫外線にあたることにより、活性酸素が、からだの内側から老化を促進するのです。
それで、紫外線は美白によくないともいえるのです
「活性酸素」はどんな時に発生するのか?
それは、エネルギーを発生する時以外に、排気ガス、紫外線、電磁波、食品添加物、化学薬品、喫煙、ストレス、怒り、不安など、身の回りにあるありとあらゆるモノが原因となっています。
怒ることもよくない、なんて知っていましたか(・_・?
では次回、やっと「抗酸化力」について見ていくことができます。
「活性酸素」の基礎知識はこれでOKですね\(^o^)/

コメント

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。